抜け毛対策と海藻

「髪の毛のために海藻を食べるといい」というのを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

しかし、単なる言い伝えなのか、真実なのかかを知っている人は、少ないようです。

現時点では、海藻類は、抜け毛や薄毛予防効果がある食物成分を含んでいるということが判明されています。

多くの海藻類に共通しているのが、多糖体と言われる物質である表面のヌルヌル・ネバネバです。

このヌルヌル・ネバネバの正体である多糖体からは、フコイダンという物質を抽出することができます。

このフコイダンが胃に入ると、知覚神経を刺激して髪の毛を生やす効果を持つ体内物質のIGF-Iを増やしてくれるのです。

IGF-Iが増えると萎縮していた毛母細胞が刺激されて再び分裂を始め、髪の毛が抜ける休止期が短くなり、抜け毛が減っていきます。

ヌルヌル・ネバネバの海藻類以外でIGF-Iの増加が期待できる海産物には、ナマコ、イカ、タコがあります。